« 2016年3月 | トップページ

2016-11-24

地震研究所の銅版の碑文

地震研究所の銅版の碑文については以前書いたことがあるけれども、そのときは原文を転載していた。漢字を今よく使われているものに変換して読みやすくしたものも用意してあったんだけれど、当時はなぜかブログに載せてなかった。発掘されたので、それを下に載せておきます。

明治二十四年濃尾地震の災害に鑑みて震災
予防調査会が設立され、我国における地震
学の研究が漸くその緒に就いた大正十二年
帝都並びに関東地方を脅かした大地震の災
禍は更に痛切に日本に於ける地震学の基
礎的研究の必要を啓示するものであった。
この天啓に促がされて設置されたのが当
東京帝国大学附属地震研究所である。創立
の際専らその事に尽瘁した者は後に本所
最初の所長事務取扱の職に当った工学博
士末廣恭二であった。その熱誠は時の当大
学総長古在由直を動かし、その有力なる後
援と文部省当局の支持とによって遂に本
所の設立を見るに至ったのが大正十四年
十一月十三日であった。本所永遠の使命と
する所は地震に関する諸現象の科学的研
究と直接又は間接に地震に起因する災害
の予防並びに軽減方策の探求とである。この
使命こそは本所の門に出入する者の日夜
心肝に銘じて忘るべからざるものである。

昭和十年十一月十三日 地震研究所

なお「尽瘁(原文は盡瘁)」は「じんすい」と読みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ