« 2013年08月29日のツイート | トップページ | 写真サムネイルインデックスのページを作るスクリプト »

2013-10-28

卒業研究のテーマを考える

 他の分野でもそうなのか、あるいは地震学の分野でも人によるのかもしれなけれど、大学 4 年生の卒業研究のテーマを考えるというのは、なかなか難しい。

 4 年生なので、ようやくその分野の基礎的な知識・考え方が備わってきたという段階。しかし、研究をやるからには、これまで誰もやっていなかったことをやらせたい。難しすぎず、かつ、誰もやっていない、かつ、限られた時間内で、というのを両立させようとすると、かなり自由度が低くなる。特に自分の得意な分野(地震学の中のさらに狭い分野)だと限られてしまうので、得意ではないけれど指導できそうな分野、にも手を伸ばすことになる。そうすると、自分も勉強して、下調べ、下準備をやっておかなくてはいけない。場合によるけれど、これにかなり時間を費やされることもある。

 あまり知られていないだろうけれど、意外と卒業研究指導は大変なのであります。「親の心、子知らず」ならぬ「師匠の心、弟子知らず」。もちろん(?)私が学生のときは、師匠の心は知るよしもなく……。

 最近ちょっとネタ切れになってきたので、来年はどうしようか、と思っているところ。今のうちに下調べをしておかないと、と思っている。

 ちなみに私が 4 年生の時は、研究ではなくて、レビュー論文(あるテーマについてこれまでの研究をまとめた論文)が卒業論文だった。

|

« 2013年08月29日のツイート | トップページ | 写真サムネイルインデックスのページを作るスクリプト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19658/58469312

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業研究のテーマを考える:

« 2013年08月29日のツイート | トップページ | 写真サムネイルインデックスのページを作るスクリプト »